トリノ五輪までの冬季オリンピックでは、競技に出場しても表彰台どころか、入賞もなかった感じの男子スノボード。

トリノ五輪では服装やユニフォームから、批判までありました。

選手の年代が二十代から十代の選手に、グッと若くなったソチオリンピックでは、印象アップに繋がるメダル獲得になりました。

ソチオリンピックでの、スノボード競技でハーフパイプに出場、銀メダル獲得(二位)の平野選手は中学生で15歳。

同じくハーフパイプ男子スノボードで、銅メダル獲得(三位)の平野選手の方は19歳。

この二人がスノボードを始めた頃は、まだスキー場はスノボード滑走を断ってる場所が多かった、そんな記憶もあります。

そんな中、スノボードを競技として始めた選手達が、ソチオリンピックで表彰台に上がったんですよね。

どちらも小学生くらいで、中学生までが参加するスノボーの競技会で優勝しています。

ソチオリンピックでは、男子スノボード競技でのメダル獲得が、同じくスノボードの女子選手にも励みになったようです。

そうはいっても、スノボード競技をしている選手や、スノボード人口は近年減少傾向にあるみたいです。

愛媛県にあった室内練習場も、経営難などで閉鎖になったりしています。

これからの子供達に、目標と憧れになる男子スノボードのソチ五輪メダリスト、平野選手と平岡選手も出てきました。

次の冬季五輪では、二人共金メダリストを目指して欲しいです。

私は夜の遊び、風俗で福岡制覇を目指します。福岡 風俗